妊娠中にシミが気になる!でもキミエホワイトプラスは飲んでいいの?


シミやソバカスなどに大きな効果を発揮してくれることで話題になっているキミエホワイトプラスですが、効果が高いとなれば、それだけ副作用が起こってしまうのでは?と考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。
確かに、世の中にまったく副作用のない薬品やサプリメントは存在しません。もちろん、各メーカーはその副作用が体に悪影響をおよぼすことの内容に、テストを重ねた上で開発し、販売しています。ですが、体質や体調によっては副作用が起きてしまうことがあります。

 

特に気になるのが妊娠中です。ホルモンバランスなどの変化によって自身の体がデリケートになるだけでなく、お腹の中の赤ちゃんに悪影響があるのでは?と不安になってしまう方も多いでしょう。

キミエホワイト17

では、妊娠中にキミエホワイトプラスを服用しても問題ないのでしょうか?

 

◆妊娠中の服用は避けるべき?

キミエホワイトプラスの主成分は、Lーシステインやアルコピン酸、パントテン酸カルシウムなどです。これらの成分は、妊娠中に摂取したとしてもそれほど大きな副作用は起こりません。
なので、キミエホワイトプラスを妊娠中に飲んだからと言って、大きなトラブルが起こる可能性は低いと言えるでしょう。

 

しかし、前述の通り妊娠中は体が非常にデリケートになってしまうものです。そのため、何らかの副作用が起こってしまう可能性はゼロではありません。そのため、気になる方は自己判断で服用するのではなく、医師に確認をとりましょう。

キミエホワイト18

妊娠中は肌トラブルが起こりやすいことから、ケアしたいと思われる方も多いでしょう。しかし、対策として行ったスキンケアで何かトラブルが起こってしまっては何の意味もありません。
顔に湿疹ができたり肌荒れを起こすとなるとそれがストレスになって体調が悪くなると困りますので、使用には慎重になるべきでしょう。

 

◆もしも副作用が起こってしまったら?

口コミなどをチェックしてもキミエホワイトプラスを飲んだことによって副作用が起こったという声はほとんど聞かれません。
それでも、体質・体調によってはまれに湿疹などができてしまうことがあるようです。そんな時はどのように対処すれば良いのでしょう?

 

鉄則となるのはすぐに使用を中止することです。そして、できるだけ早く医師に相談しましょう。そうすることによって、副作用が重篤なものになることを避けられるはずです。

 

効果が高い医薬品やサプリメントには、副作用が起こる可能性があります。キミエホワイトプラスはしっかりと安全を確認された上で販売されている商品ですが、しっかりと用法を守り、体調などに不安がある方は医師の指示をあおぐようにしましょう。そうすれば、より安心してキミエホワイトプラスを使用できるはずです。

 

【要注意】サプリの飲み合わせについて。キミエホワイトプラスの場合

キミエホワイト15
ドラッグストアや専門店などに行くと多くのサプリメントが並んでいます。最近ではコンビニやネットなどでも気軽にさまざまな種類のサプリメントを購入できるようになっています。
中には安価でありながら非常に高い効果を発揮してくれるものもありますので、日常的に複数のサプリメントを飲んでいるという方も多いのではないでしょうか?

 

上手に使用できればサプリメントは非常に高い効果を発揮してくれます。しかし、使用法を誤ってしまうと効果を得られないばかりか、逆効果になってしまうこともあります。

 

そこで、ここではキミエホワイトプラスと他のサプリメントとの飲み合わせについて考えてみましょう。

 

◆基本的にはどんなサプリと併用してもOK

キミエホワイトプラスは比較的副作用が起こる可能性の低い第3塁医薬品にあたりますので、それほど神経質に飲み合わせについて考える必要はありません。
一部のダイエット系サプリメントと併用すると、体内への吸収率が下がってしまいますので効果が薄れる可能性はあります。ですが、他のサプリメントと併用したからと言って強い副作用などが起こることはほとんどないでしょう。
キミエホワイト19
逆に併用することによって、効果を高めてくれるケースもあります。キミエホワイトプラスにはさまざまな効果がありますが、中でも特に肌に対して良い効果を与えてくれるのが新陳代謝を正常化するというものです。
そこに、女性であればホルモンバランスの乱れを治す効果のあるサプリメントを併用すればさらに新陳代謝が活性化されますので、さらに高い効果を期待できるでしょう。

 

もちろん、これはあくまで一例にすぎませんし、効果には個人差があります。あなたに合った組み合わせを探してみましょう。

 

◆万が一他のサプリメントと併用して副作用が起こった場合は?

基本的には他のサプリメントと併用しても安全なキミエホワイトプラスですが、絶対に問題がないと断言はできません。

体質、体調などによっては何らかの副作用がおこってしまう可能性があります。こういった場合、どう対処すれば良いのでしょう?

まずはキミエホワイトプラスを含む、サプリメントの服用をただちに中止してください。その上で、副作用の起こった時に服用したものをしっかりと把握した上で医師に相談してください。そうすれば、副作用が重篤なものとなることを防げるでしょう。

 

複数のサプリメントを併用したとしても、基本的には問題が起こる可能性はほとんどありません。しかし、まれに何らかの副作用が起こることがある、ということを忘れないようにすべきでしょう。

 

妊娠とシミの関係は?

女性には卵巣ホルモン・エストロゲンと黄体ホルモン・プロゲステロンという女性ホルモンがありは、妊娠中には分泌が多くなります。

特にメラニン色素を増やす働きをするプロゲステロンは妊娠を継続させようとして分泌量が増え優位になり、メラノサイト(メラニン細胞)にあるメラニン色素に働きかけ色素沈着をおこし、妊娠中にシミ・肝斑が増える大きな原因となっています。

また、ピルの服用もシミの原因になるといわれています。
ホルモンバランスの崩れ以外にも紫外線による皮膚の細胞の変質やメラノサイトの活性化によるメラニンの増加も原因となっています。
UVBという種類の紫外線は皮膚表面の表皮細胞を攻撃、ダメージを与え肌深部、角質層の奥まで侵入しシミや炎症の原因を作ります。

 

因みに、そばかすは主に紫外線などが要因となっていて、妊娠には関係ないそうです。

妊娠が原因でできるシミは消える?

 

妊娠中のホルモンが原因だとすれば妊娠性のシミは一過性で、出産後ホルモンバランスが整ってくるとシミは消えるの?という事になりますが、消えることもあるし、残ることもあります。
それは日焼けに対して無頓着な生活をして紫外線を沢山浴びてしまうことが大きく関係し、色素が濃くなり沈着してしまうからなのです。

 

妊娠中のシミ対策

 

妊娠中にお肌のケアをするのとしないのは出産後に大きな違いが出てきます。
妊娠中にできたシミだから出産したら消えると思って紫外線対策をいい加減にしていると、シミが残ってしまうのです。

 

美白化粧品の美白効果は初期のシミに対してのみ有効で、定着してしまったシミには効力が及ばず、はなかなか消すことが難しくなります。
出産後は化粧品でシミの対策はOK!と思っていたら間違いで、高価なシミの専用クリームも薬用美白美容液も役に立たないこともあります。

 

妊娠中は特にUVケアはしっかりとしなければなりません。外出の際は日焼け止めクリーム、帽子や日傘、アームカバーでの紫外線予防は勿論、家の中や屋内にいるときもUVガードの必要がありUVカットのカーテンを使うなどの日焼け止め対策は行うようにしましょう。

ただし、妊娠で敏感肌となっている時期に刺激の強い日焼け止めクリームでUV対策をすると、肌荒れの原因になることがありますので、刺激性の少ないものを選んでください。
特にUVカット効果の為に添加されている紫外線吸収剤をは刺激性が強いので避けるようにしましょう。
UVカット効果は紫外線吸収剤よりも多少劣るというデメリットはありますが、肌への負担が少ない紫外線錯乱剤(酸化チタンや酸化亜鉛と表示をされている)が添加されているものをオススメします。

 

また、UVカット効果のある布素材は肌に触れるとアレルギー反応を起こすことがあるので、肌に優しいアイテムの製品を選んでください。

 

その他の外的要因と対策&予防方法

 

妊婦さんの肌に悪影響を及ぼすストレスやビタミン・ミネラルの不足、寝不足などの外的要因を排除するために生活習慣に気を配りましょう。
適度な運動でストレス解消をし、質の良い睡眠をとり、食材もきっちりと栄養成分などを把握して、つわりのせいで栄養不足にならないような食事をすることもシミの予防策として重要なポイントです。

 

大豆製品は妊婦さんの健康にも美肌にも持ってこいの食べ物です。
ほうれん草などの緑黄色野菜は、妊婦さんには重要な栄養素である葉酸も、美白やシミケアに有効なビタミン類も豊富に含んでいておすすめの野菜です。
近年話題になったココナッツオイルにも美肌成分のラウリン酸やビタミンEが含まれていて、シミにも効果的な働きをするそうです。
さらにカテキンは脳内で活性酸素の発生を抑える効果がありますので、緑茶も積極的に飲むといいでしょう。
栄養バランスの良い食生活も含め規則正しいマタニティライフを送ることは、人に生まれながらにして備わっている自然治癒力を正常に作用させシミなども予防できるようになるでしょう。

 

 

シミのできるメカニズムを理解して、妊活しているときから早め早めの予防対策を取っておきましょうね、初めて見るママの顔が綺麗で輝いていたら赤ちゃんも嬉しいでしょうから・・

 

シミ対策としてサプリメントや医薬品によく使われる有効成分

 

エラグ酸 天然のポリフェノール、美白効果、シミを予防
ビタミンE 肌の新陳代謝を促進、ダメージを修復
ビタミンC(アスコルビン酸) 抗酸化作用、メラニン色素生成抑制、美白有効成分
dl-メチオニン 紫外線による皮膚の炎症を抑制
β-カロテン 体内でビタミンAに変換され、メラニン排出、酸化作用を抑制
L-システイン アミノ酸の一種、コラーゲンを生成、黒色メラニンを無色化、角質を柔軟にする、メラニン色素の生成抑制、ターンオーバーを正常化、バリア機能を強化
アスタキサンチン 活性酸素発生を強力に抑制、肌のダメージ修復、カロテノイドの一種
リボフラビン(ビタミンB) くすみに有効、老化を予防
m−トラネキサム酸 化粧品に含まれるトラネキサム酸誘導体、メラニン色素抑制、

トラネキサム酸は皮膚科や美容皮膚科で処方される

大豆イソフラボン イソフラボンの一種ゲニステインにコラーゲンの生成、シミ改善、美白効果

 

医薬部外品のサプリメントよりキミエホワイトのような医薬品の方がより高い効果が期待できます。
但しサプリメントにも医薬品にも、天然由来の成分ではないものも配合されて要る場合があり、アレルギーの心配や胎児・母乳への影響などの懸念もありますので、プレママが使う場合には配合成分をちゃんとチェックしましょう。

 

美白コスメによく使われる美容成分

 

ハイドロキノン

ビタミンC誘導体
ヒマワリ種子油
アルブチン
プラセンタエキス
ハトムギ発酵液

メラノサイトの働きを抑制、色素の沈着予防、抗酸化作用、美白効果、肌の老化防止
グリチルリチン酸 抗炎症、抗アレルギー、黒ずみ改善

美白化粧品選びをするときも、刺激性の成分の有無をチェックして安全性を確認し選んで下さい。