肌の老化現象の1つであるシミが増えることによって一気に老け込んだ印象になってしまいます。多くの女性はシミを隠したり、消したいと考えたりしているでしょう。ここではシミに効果のある医薬品として第一三共製薬から発売されているOTC薬である「TRANSINO トランシーノU」をご紹介しましょう。

 

TRANSINO トランシーノUの特徴(メリット、デメリット)とは?

TRANSINO トランシーノUはOTC薬に分類される第一類医薬品になります。OTC薬とは処方箋がなくても薬局やドラッグストアで購入することができる医薬品であり、私達の生活に欠かせないものとも言えるでしょう。
TRANSINO トランシーノUはシミの中でも特に「肝斑」に効果があります。

 

この肝斑とはシミの中でも治りにくい種類になり、原因や治療法に関しても他のシミとは異なるという特徴があります。肝斑の大きな特徴となるのが、左右対称に同じ形、大きさでシミが現れることです。特に頬骨に出ることが多く、広範囲に輪郭がはっきりとしないもやっとした形で広がるでしょう。

 

肝斑ができる原因ははっきりとは解明されていませんが、一般的なシミの原因となる紫外線だけではなく、女性ホルモンも関与していると言われています。女性ホルモンのバランスが崩れたり、過度のマッサージを行い摩擦が起こったり、物理的な刺激によっても肝斑は悪化すると言われています。

 

治療法としてはトラネキサム酸の服用が非常に効果的です。そこでTRANSINO トランシーノUではトラネキサム酸を主成分としています。服用の目安としては8週間になり、1回2錠、1日2回の服用を8週間続けることで、高い改善効果が期待できます。

 

今まで治りにくいと言われていた肝斑を改善する高い効果が認められたTRANSINO トランシーノUは1日2回の服用なので服用しやすいという点がメリットとなっています。デメリットとしては第一類医薬品に指定されているので副作用が起こる可能性も頭に入れておかなければならないということです。TRANSINO トランシーノUの使用上の注意をしっかりと呼んでから服用するようにしましょう。不安な場合には医師に相談してからの服用をおすすめします。

 

シミに効く配合成分

TRANSINO トランシーノUに配合されているシミに効く配合成分は以下の通りです。

 

・トラネキサム酸
・L−システイン
・ビタミンC

 

それぞれの有効成分について簡単に説明していきましょう。

 

トラネキサム酸
トラネキサム酸は元来止血薬として使われていた成分であり、肝斑の治療に皮膚科でも処方されています。ちなみに皮膚科で処方される場合には保険適用外になります。このトラネキサム酸には肝斑の原因となるメラニンの産生を促進するメラノサイト(色素細胞)活性化因子の情報伝達をブロックして、肌への色素沈着を抑制する働きがあります。

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種であり、肝斑でない人が服用したとしても特に体に害になるような成分ではありません。また女性ホルモンに働きかける作用はないので、トラネキサム酸を服用したからといってホルモンバランスが急激に崩れる心配もないのです。

 

L−システイン
L−システインは必須アミノ酸の一種であり肌、爪、髪などに多く存在しています。タンパク質合成に必要な成分であり、体内の代謝をサポートし、免疫機能を高める働きもあります。
シミに関しては、メラニン色素の生成を抑制する働きに加えて、すでにできてしまった色素沈着によるシミを薄くする作用も期待でいます。特にL−システインは茶色、赤紫の色素沈着やニキビ跡、シミに効果があります。

 

 

ビタミンC
ビタミンCは水溶性のビタミンの一種であり、美白効果が高いことで知られています。強力な抗酸化作用を持つため、体内に発生した活性酸素を除去し、新陳代謝を高めてくれます。新陳代謝がアップすることで、肌細胞のターンオーバーサイクルが早まり、シミが薄くなりやすいです。

 

 

またビタミンCはL−システインと一緒に服用することで相乗効果が期待できると言われています。

 

 

TRANSINO トランシーノUの気になる価格とは?

TRANSINO トランシーノUは第一類医薬品に分類されています。
PTP包装されたTRANSINO トランシーノUには、60錠入り、120錠入り、240錠入りの3タイプがあります。
60錠は2週間分、120錠は1ヶ月分、240錠は2ヶ月分に相当します。TRANSINO トランシーノUは8週間服用することで効果が得られると臨床結果からも分かっているので、服用の目安は8週間となっています。

 

8週間の服用と考えると240錠入りのものを買えばOKでしょう。
それぞれの価格は以下の通りです。

60錠(2週間分入り)1800円(税抜)
120錠(1ヶ月分入り)3400円(税抜)
240錠(2ヶ月分入り)6300円(税抜)

この価格で長年悩んできた肝斑が綺麗に治るのであれば決して高い金額ではないですね。

 

 

どこでTRANSINO トランシーノUは売っている?

TRANSINO トランシーノUは第一類医薬品に分類されたOTC医薬品です。薬剤師のいるドラッグストアや薬局でTRANSINO トランシーノUを購入することができます。

 

TRANSINO トランシーノUを購入する時には、薬剤師から服用についての説明を受けてから購入してください。購入する際には事前に購入チェックをして、それを掲示すれば購入がスムーズになります。購入チェック表はTRANSINO トランシーノUHPから印刷することが可能になっています。

 

TRANSINO トランシーノUはこんな人におすすめ!

TRANSINO トランシーノUは肝斑によるシミにお悩みの人のために作られた医薬品になります。
ホルモンバランスの崩れなどが原因で起こった、肝斑やシミでお悩みの方におすすめの医薬品と言えます。
長年肝斑によるシミに悩まされている方がいらっしゃいましたら、病院への治療でもよいのですが、手軽に始められるTRANSINO トランシーノUがおすすめでしょう。

 

TRANSINO トランシーノUを実際に使用した人の口コミをまとめてみよう

ここではTRANSINO トランシーノUを実際に使用したユーザーの気になる口コミをまとめてみましょう。

(30代女性)
肝斑対策としてTRANSINO トランシーノUを購入しました。服用をはじめて3週間たちますが、徐々にシミが薄くなってきています。TRANSINO トランシーノU以外にも美白コスメも使用しているのですが相乗効果もあるのかな…と喜んでいます。8週間の服用を継続したいと思います。

 

 

(40代女性)
メイクではカバーしきれないシミに悩んでいました。出産後ホルモンバランスが崩れてからシミがどんどん増えていったので肝斑かなと思い、TRANSINO トランシーノUを購入。口コミ評価もよかったので期待していたのですが、その期待通りの効果が得られています。
1週間服用した時点で肌のくすみが消え、明るくなってきました。2週間頃にはシミがメイクをすれば目立たなくなり、1ヶ月が経過した今ではすっぴんでもあまりわからなくなるくらいまでシミが薄くなってきています。
ドラッグストアで手軽に購入できるというのがよいですね。

 

 

ネット上にはTRANSINO TRANSINO トランシーノUを服用したユーザーの口コミが多くありましたが、シミが薄くなったという効果を実感した口コミが目立ちました。逆に副作用がでたというような口コミはあまり見当たりませんでした。

 

サイト管理人がキミエホワイトプラスを継続使用してみた結果は?

私は2本目からシミとそばかすに効果が出ました♪


キミエホワイトプラスを試した結果

●キミエホワイトプラスの主成分●

  • L-システイン
  • パントテン酸カルシウム
  • アスコルビン酸

 

これらの成分が、シミやそばかすを“緩和する”のではなく“治す”効果を発揮してくれます!


キミエホワイトプラスは1日3回、1回たったの1錠でいいので匂いも苦みも気にならずに継続して飲むことが出来ています。


私は以前までシミやそばかすだけではなく、色素沈着してしまったニキビ跡も気になっていたのですが、1ヶ月以上続けて2本目に突入してからは周りの家族からも肌の変化に気付いてもらえるほどに…♪


リニューアルしたキミエホワイトプラスは成分が改良されておきながらお値段は据え置き!
初回価格1,900円(消費税、送料別)ではじめられ、しかも過去にキミエホワイトを購入したことある人でも初回価格で買うことができます


私と同じように顔のシミやそばかす、ニキビ跡などで悩んでいる人は すぐに試してみてください。


>>今すぐキミエホワイトプラスを1,900円で試す<<